FC2ブログ
 

台湾茶な茶しぶろぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾人生

台湾人生」観てきました映画

かつて台湾が日本統治時代に教育を受けた、現在は80歳前後5人のドキュメンタリー。

陳さんという女性は
「日本に対しての思いは、くやしさと、懐かしさ。これはどうしても解けない数学の問題」と。
「くやしさ」とは、戦後日本に捨てられた、という思い。


私が8年前台湾に行こうと思ったのは、「なぜ台湾人はそんなに親日なのか?!」
というナゾを解けるかもしれない、という思いもあった。
その前に中国本土に行ったときとは全然ちがう日本人への対応。
「国民党の時代よりも日本統治時代の方が社会が安定してよかった」という理由は
納得ができなかった。

「そうは言っても、日本は太平洋戦争後、台湾を置いて逃げて帰ったのでは?
台湾人はどう思っているのだろう??」

こんなことを言うとsisouに偏ってるのか?!と思われるかもしれませんが、
ただ純粋に疑問 �Hに思っただけデゲス。

���Ƃ�-���V�̖�台湾へ渡り、日本語教育時代の人に出会うこともあり、仲良くなった台湾人のじじばばに、
話を聞いてみたりした。
答えは十人十色、いろいろでした。でも、辛いときでも前向き�� 南国気質 �� を見れた気が。
あたしゃ、それが分かっただけで十分です ���


この映画、観る前は政治色が強いのかなぁと思っていたのですが、そんなことよりも
いろんな感情が入っている素敵な映画でした。

劇場も超満員!通路にも座布団で座って、上映前から盛り上がり。�Β�
お茶もいただきました。

久々のドキュメンタリーだったし、台湾でお世話になった人を思い出したり、楽しい時間が過ごせました。
ありがとうございます jumee��thanks1

■本日の台湾茶 凍頂烏龍茶(中火) 


↑↓ぽちぽちっと1回ずつ押してね。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。